TOP > works > 花游雲月亭(大谷邸)1 > 花游雲月亭(大谷邸)2 > 花游雲月亭(大谷邸)3 > 花游雲月亭(大谷邸)4

花游雲月亭(大谷邸) 立柱方式、外断熱による工法

 立柱方式とは昔からの工法で寺社建築など礎石や基礎に直接柱を載せる工法で高温多湿
の日本の風土に適した工法です。建築基準法により柱は基礎に固定することが決められてい
ます。戦後の復興で急速に住宅を建設することが急務となり、高度な技術を必要としない土台
方式
が木造住宅の工法として席巻するようになりました。

 そもそものきっかけは、吉田氏が木と紙と土の昔ながらの家を建てたいと相談にやってきたこ
とから始まりました。「やっぱり木の家」という本を手に、こんな家を建てたいんだけど、天羽さ
んならやってくれるんじゃないかと思ったということでした。

 私がまだ設計事務所に勤めていたころ、吉田氏が町の教育委員会に在籍しており、学校建築
の担当でした。その時に、吉田氏より付属施設としてパーゴラを作ってくれませんかと依頼され
ました。常駐監理をしていたこともあり、ちょっと気合を入れてパーゴラを設計しました。その時の
印象が、既製品のパーゴラを設置すると思っていたら、実際にパーゴラを設計し、なかなか面白
い人だという印象が強かったようです。

 本を読んで面白いと思いましたが、実際に設計したこともないので、知り合いの工務店の方や
大工さんに相談したところ、「やめといたほうが天羽さんのためになるよ。」と及び腰でした。そこ
で、一度は諦めようとしたのですが、一生のうちに一度くらいしか家を建てることはできないし、
相談に載ってくれる大工さんも見つかりましたので、吉田さんの夢なんだからやってみようと決心
しました。

 そこで吉田さんに5分5分の責任でやってみようと思いますが、いかがですか?とお尋ねした
ところ、それでいいということになり設計をし確認申請許可を取りました。そして合見積を業者さん、
大工さんに依頼すると以前は腰を引いていた工務店さんも「できます!」と二つ返事でした。最初
に相談した時のことを思うと、とても封雑な気持ちでした。そうして現代に立柱方式を蘇らせること
になったのです。

 吉田邸の建前をしている時に、クレーンのオペレーターの人が「この家はしっかりしとるなあ。」と
感心するようにつぶやいているので、どうしてですか?と尋ねたら、「この段階で鳶があそこに上
がれるというんは、よっぽどしっかりしとうからや
。鳶は危ないと思うたら絶対あがらんよ。」とい
う返事でした。実際に組みあがってみると仮設の筋交いも必要ないくらいしっかりしていました。こ
の時に自分が考えた立柱方式に大きな自信ができました。その後の木造住宅、笠井邸も立柱方
式(洋風)
と外貼断熱で設計し、間違いがないと確信しました。今回、大谷氏より住宅の御依頼が
あった時も、立柱方式で設計することを決めていましたが、施主の理解なくしては、できません。何
回かお話をするうちに、立柱方式、外貼断熱工法で設計したいのですが、と申し出ますと、よく研究
されていたのと、HPを見ていただいていたのかも知れませんが、快く了解していただけました。今回
は、立柱方式に加えて、和風木造住宅における外貼断熱にチャレンジしました。というのも、設計仲
間から和風木造住宅で外貼断熱は無理と言われてましたので、そんなことはないという証明をする
ためにも精進しました。立柱方式は3棟目になりましたが、益々、日本の木造住宅は土台方式でなく、
温故知新土台方式から立柱方式に還ってゆくべきだと確信いたしました。



花游雲月亭(大谷邸)動画 コマーシャルフィルム

 立柱方式による柱加工。柱下部の真ん中に穴を開けボルトを通す。
 ボルトはDボルトにより固定する。建築基準法により基礎に固定する
 ことが義務づけられています。
 基礎はベタ基礎で、地盤は深層地盤改良を施しています。地盤調査の
 結果地盤改良が必要となりました。基礎には人通孔や通水口を設け、
 通風や浸水した水が溜まらないようになっています。床下は人通孔に
 より全ての床下に廻ることができます。
 外貼断熱 断熱材は厚さ50mmの特殊スタイロフォームで水は通さな
 い が湿気は通す性質。出隅、入隅はR加工をしている。化粧柱にもR
 加工を している。細かいところだが、光の廻り方がピン角とは違い、柔
 らかい印象 を与える。見る人は直角と思って見て気がつかない。どこか
 しら違う風味と いうようなものを計算している。
 建前 立柱方式で難しい段階の一つ。柱に真ん中にボルトが通ってい
 る。 このボルトを基礎の穴に通すのだが、言うのは簡単だが施工は
 難しい。 頭数が必要となる。私も手伝いに走った。大工さんが、掛矢
 (木槌の親方みたいなもの)で桁を叩き込む。プレカット工法もあるが、
 私は従来工法を信用している。
      漢詩  花游雲月亭(大谷邸)の命名は漢詩による。命名の由来、建設工事の
 状況 はブログのworksジャンルで 和風モダン 木造住宅 立柱方式
 (花游雲月亭)で詳しく見る ことができます。地盤調査から始まり深層
 地盤改良、基礎 工事、建設工事、外構工事、庭園工事までを公開して
 います。興味のある方はご覧いただければ幸いです。
 オープンハウス(見学会)リーフレット
立柱方式とは

撮影:天羽英雄


花游雲月亭(大谷邸)動画 コマーシャルフィルム

前へ  

 花游雲月亭写真集


TOP > works > 花游雲月亭(大谷邸)1 > 花游雲月亭(大谷邸)2 > 花游雲月亭(大谷邸)3 > 花游雲月亭(大谷邸)4

Copyright (C) 天羽英雄 建築設計事務所 All Rights Reserved


天羽英雄 建築設計事務所
URL http://amoarc.com/ 

770-0913
徳島市南新町2丁目5 AMOビル
tel 088-655-3020
fax 088-655-2126
mail : info@amoarc.com
































                             カウンター